雑記

iPhone6sからZenFone5(ZE620KL)に機種変更したお話

AndroidとiOSの比較

はじめてのAndroid機ということで、使用1週間での感想を雑把に記載。
※Kindle Fire も所持していますが特殊なOSなのでノーカウント

 

Androidに変えて良かった箇所

  • ホーム画面の拡張性
    アプリアイコンの配置を自由に変えられる。
    ウィジェットを自由に貼れる。
ZenUI Launcher
Nova Launcher
 
  • 「戻る」ボタンがある
  • Google関連サービスとの連携が楽
  • GoogleKeepがまともに動く
    iOS版はバグが多い。
  • SDカードが使える
    AmazonPrimeの動画や音楽をダウンロードする際に、メインストレージの容量を気にしないでいいので重宝しています。
 

Androidに変えて困った箇所

  • 共有機能が不便
    2018年10月現在、Android Oreo 8では、共有先の並び替えができない。
    →アプリ「Fliktu」で対応
標準
標準の共有機能だと必要ない項目が表示される上に整理することができない
Fliktu
「Fliktu」を使うと3列で自由に配置できるようになる
 
  • Twitterクライアントがしっくりこない
    →「TwitPen」がリスト管理がしやすい。
  • メーラー「spark」が使えない
    →「Gmail」がイマイチなので、「Outlook」に移行を検討中。
  • 標準のフォトアプリが力不足
    →「lightroom」で対応。




まとめ

定価で買うのはやや気が引けますが、値引き後の4万円台であれば価格相応の性能なのではないかと思います。3年前のハイエンドモデルと同等なので個人的には満足です。
スマホも性能が頭打ちになってきている気がするので、今後はハイミドルモデルでもそこそこ楽しめるような気がしてきました。

iOSとAndroidの違いについてはどちらも一長一短なので、どちらがいいか判断できない方はシンプルで使いやすいiOSでいいんじゃないかと思います。

以上、当サイトでは珍しい雑記(文章を書く練習)でした。

ZenFone5(ZE620KL)を3ヶ月使った後のお話