雑記

ZenFone5(ZE620KL)を3ヶ月使った後のお話

購入して3ヶ月経過したので使用感を改めて。
結論から言うと、満足感は購入時より上がっております。

【前回の記事】
iPhone6sからZenFone5(ZE620KL)に機種変更したお話

【この記事の項目】
Android 9 Pie への更新
・更新方法
・更新後の変化
機能別の使用感
・カメラ
・ゲーム
・音質(イコライザー)
・保護フィルム
まとめ

Android 9 Pie への更新

更新方法

1月末にASUSサイト内を調べたら Android 9 Pie への更新データが置いてあったので手動更新してみました。
※手動更新は自己責任でお願い致します。

■ZenFone5(ZE620KL)のAndroid 9 Pie 更新ファイル
公式サイト ZenFone5 製品ページ

■ZenFone5(ZE620KL)の OSアップデート方法
公式サイト FAQ

更新後の変化

・フリーズが発生しなくなった
Android 8 Oreo の時は2日に1回ほど2~3秒ほどフリーズすることがあったのですが、更新後症状が発生しなくなりました。購入直後はやや不安定でしたが、OS更新後は”完全体”ZenFone5と言ったところです。数秒でもフリーズするとそれなりにストレスを感じるので、この部分の改善は満足度に大きく影響しています。

・CPUの処理能力が上がった
更新後ゲームをしているときに処理速度が上がっているように感じたので、実際にAntutuスコアを測ってみたところ以下のような結果になりました。

クリックして拡大

※Antutu Ver 7.1.4
※AIブーストあり

私の端末はOS更新前13万台後半をうろついていたのですが、今回測ってみたところ14万台になっていました。
更新後にスタリラの倍速プレイが前より早くなったので、微々たる差ですが他のアプリも何かしら影響があるかもしれません。

OS更新でアプリ履歴など使いづらくなった部分もありますが、こちらはZenfone5側の問題ではないので考慮しないことにします。(そのうち慣れると思われる)

機能別の使用感

カメラ

水族館に行ってきたのでZenFone5で撮影してみました。
今回は同じ地点を通常カメラと広角カメラの2種類で比較できるように何枚か撮影してみましたので、参考になればと思います。
個人的にはカメラのシーン識別(AI機能)がしっくりこないのですが、これ以上を求めるならハイエンド機を購入した方が良さそうですね。
※色味は無加工ですが、Web掲載用に圧縮・モザイク加工をしております。
※撮影日は2019年01月13日

野外撮影

サンシャイン水族館 PM12:00
通常レンズ
サンシャイン水族館 PM12:00
広角レンズ
神田明神 AM07:00
通常レンズ
神田明神 AM07:00
広角レンズ

室内撮影

サンシャイン水族館 PM12:00
通常レンズ
サンシャイン水族館 PM12:00
広角レンズ

ギャラリー

ゲーム

FGOの動作が見たいと要望があったので動画を撮ってみました。
iPhone6Sを使用していたときと比べて、読み込みが長く宝具演出で処理落ちが発生しています。
FGOなど重めのゲームをする場合はiOS端末、またはZenFone5Zなど記事作成時でハイエンドモデルにあたるSnapdragon 845 を搭載した端末を推奨します。

音質

前回の記事では酷評してましたが、慣れてきたのか最近はあまり気にしておりません。
オーディオウィザードをいじればそれなりの音質になるかと思います。

※追記(2019年2月3日)
イコライザーは「Eargasm Explosion」という有名な設定を「カスタム」項目から使っています。
左から +3,+6,+9,+7,+6,+5,+7,+9,+10,+8(単位:db)

※クリックで拡大表示

保護フィルム

訳あって3種類購入したのでメモ書きしておきます。
ちなみに筆者はノングレア派です。

ASDEC ノングレア/マットフィルム

Amazonにて約700円で購入したフィルム。
さらっとした触り心地なので、乾燥してる時期だとやや反応かもしれないです。 フィルム自体が固めなのでやや貼りづらいです。 それと背面レンズ用のフィルムも付いています。
誤って鍵とスマホを同じポケットへ入れてしまい、フィルムに気になる程度にキズがついてしまったので別の商品を購入することに。

Lively Life グレア/ガラスフィルム

楽天にて約900円で購入したフィルム。
フィルムと画面が密着しない構造らしく、気泡が入りづらいのでとても貼りやすいのですが…一度貼り直した際にどうもフィルムが少し湾曲してしまったらしく、画面と密着してる部分としてない部分が出来てしまい目も当てられない状態となってしまいました。
何を隠そう、筆者はフィルムを貼るのが下手くそである。
ガラスフィルムなので色はとてもきれいに見えます。

ラスタバナナ ノングレア/マットフィルム

楽天にて約1200円で購入したフィルム。
ASDECと比べてしっとりした触り心地のフィルム。(個人的には1番お気に入り)
TypeCケーブルを差し込むと貼り付けのガイドになるのですが、本体カバーを付けている状態だとうまくいかないので、貼り付けの際はカバーを外して行うことを推奨します。
現在はこちらを使用しています。

消耗品なのでコスパで選ぶなら「ASDEC」、貼り付けが上手な方は「ラスタバナナ」をオススメします。
Lively Life は貼り付けに失敗しているので保留。

 

まとめ

購入時の段階でもたまにフリーズすること以外は困っていなかったのですが、Android 9 Pie の更新で不満点が解消されました。
感想としては「値段相応」につきますが、重たいゲームをしなければ十分な性能だと思います。

ちなみにこの前販売された廉価モデルの「ZenFone Max Pro M1」もSnapdragon 636ですが、こちらはRAMが3GB、ROMが32GB、充電がmicroUSB、通信規格が「b/g/n」で「ac」には対応していない機種のようなのでご注意を。